【パイクスピーク12】三菱、i-MiEVエボで挑んだ波乱万丈の6日間[動画]

三菱自動車は9月11日、8月にアメリカのコロラド州で開催された「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」への参戦をダイジェストで振り返る動画を公開した。

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
三菱の i-MiEV Evolution
  • 三菱の i-MiEV Evolution
  • パイクスピーク2012増岡EV部門で2位
  • パイクスピーク2012増岡EV部門で2位
  • 増岡浩選手のi-MiEV Evolution
  • 増岡浩選手のi-MiEV Evolution
  • 増岡浩選手のi-MiEV Evolution
三菱自動車は9月11日、8月にアメリカのコロラド州で開催された「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」への参戦をダイジェストで振り返る動画を公開した。

三菱は今回のパイクスピークに『i-MiEVエボリューション』(レース専用車)と『Mitsubishi i』(北米向け市販車、日本名『i-MiEV』)の2台体制で参戦、i-MiEVエボリューションで出場した増岡浩監督兼選手が電気自動車(EV)クラスで2位となった。

映像では、プラクティスの初日でクラッシュし激しく損傷したi-MiEVエボリューションをスタッフが懸命の努力で修理する作業を克明に記録。日本から至急空輸したパーツが届き、レース出走17時間前に修理を完了したi-MiEVエボリューションが無事シェイクダウンを終え、本戦のヒルクライムに挑む姿が描かれている。

残念ながら優勝こそ逃したものの、リタイアしてもおかしくはないダメージからみごと復活を遂げ、2位で完走を果たした増岡選手が涙を拭うシーンが印象的だ。


《北島友和》

編集部おすすめのニュース

特集