【モスクワモーターショー12】欧州向けホンダ アコード 新型を予告…日本仕様の可能性も

自動車 ニューモデル 新型車

欧州向け新型ホンダ アコードのイメージスケッチ
  • 欧州向け新型ホンダ アコードのイメージスケッチ
  • 欧州向け新型ホンダ アコードのイメージスケッチ
ホンダが8月下旬、米国で初公開した北米向けの新型『アコード』(日本名:『インスパイア』)。これに続いて、欧州向けの新型アコードが、デビューに向けてスタンバイしていることが分かった。

これは8月29日、ロシアで開幕したモスクワモーターショー12において、ホンダのロシア法人が明らかにしたもの。将来、ロシアで販売される次期アコードのイメージスケッチが公開されたのだ。

公表されているイメージスケッチは、外観フロントとリアの2点。欧州の横長のナンバープレートが描かれていることから、このイメージスケッチのモデルが、欧州向けの次期アコードと推測できる。

ところで、現在日本では、欧州向けと基本的に共通のアコードを販売。北米仕様のアコードは、インスパイアとして導入されている。つまり、このイメージスケッチのアコードこそ、日本仕様の次期型を示唆している可能性が高い。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集