【東京モーターショー11】トヨタ 86/スバル BRZ のシートに座ろう

自動車 ニューモデル モーターショー
トヨタ紡織ブースに展示されているトヨタ『86』/スバル『BRZ』用の運転席シート。
  • トヨタ紡織ブースに展示されているトヨタ『86』/スバル『BRZ』用の運転席シート。
  • トヨタ『86』用のシート。
  • こちらはスバル『BRZ』、モケットは違うがまったく同じもの。
  • トヨタ紡織ブースでシートの座り心地をチェックしてみよう。
  • スバル『BRZ』
  • スバル『BRZ』の運転席。これはATモデル。
トヨタ紡織ブースでは、トヨタ『86』/スバル『BRZ』用シートが着座可能な状態で展示されている。注目のクルマだけに実車のシートへ着座しようにも「凄まじい混雑」が予想されるが、ここだと比較的容易に着座することができる。

実車の場合、86とBRZはサスペンションのチューニングに差異があるそうだが、シートに関しては「モケットが違うのみで、それ以外は両車ともまったく同じもの」だという。

スポーツカーのシートらしく、座り心地は若干硬めの印象。とはいえ、過度に硬いわけではないので、日常使用にも向いていると感じた。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集