ホンダ インサイト 一部改良…空力とスタイルのバランス

自動車 ニューモデル 新型車

インサイト・エクスクルーシブ
  • インサイト・エクスクルーシブ
  • インサイト・エクスクルーシブ
  • インサイト
  • インサイト・エクスクルーシブ
  • インサイト
  • インサイト・イメージスケッチ
  • インサイト・エクスクルーシブ
  • インサイト・エクスクルーシブ
マイナーチェンジして11月11日より発売されるホンダ『インサイト』。外観の変更箇所はフロント周りとリアバンパーが主で、鉄板の部分は基本的に踏襲している。

デザインを手がけたデザイン開発室第1ブロックの杉浦良さんは、「今回のデザインキーワードは“空力性能と流麗スタイル”です。空力性能を求めると、今回の制約の中(鉄板部分に手は入れられない)では、変更点はバンパーに集中してくるというのが最初から分かっていました」という。

「フロント、リアともバンパーの側面が空力を考える上では鍵となる箇所なので、4分の1モデルで1mm以下のレベルでクレイを盛ったり削ったりを何度も繰り返しました」

しかし空力だけを求めてしまうと、空力実験車になってしまう。そこで、もう一方の“流麗スタイル”というコンセプト(おしゃれなスポーティさと質感向上)があるわけで、「そのバランスが一番難しかった」と杉浦さんは語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集