【バンコクモーターショー11】ロータス ヨーロッパ がプロトンの手で復活か!?

バンコクモーターショーのプロトンブースに展示されていた『LEKIR』。どこかで見たことがある……、と思ったら、生産を終了したロータス『ヨーロッパ』のプロトン版だ。

自動車 ニューモデル モーターショー
プロトンLEKIR/ロータス・ヨーロッパ
  • プロトンLEKIR/ロータス・ヨーロッパ
  • プロトンLEKIR/ロータス・ヨーロッパ
  • プロトンLEKIR/ロータス・ヨーロッパ
  • プロトンLEKIR/ロータス・ヨーロッパ
  • プロトンLEKIR/ロータス・ヨーロッパ
  • プロトンLEKIR/ロータス・ヨーロッパ
  • プロトンLEKIR/ロータス・ヨーロッパ
  • プロトンLEKIR/ロータス・ヨーロッパ
バンコクモーターショーのプロトンブースに展示されていた『LEKIR』。どこかで見たことがある……、と思ったら、生産を終了したロータス『ヨーロッパ』のプロトン版だ。

前後バンパーのデザインなどはリファインされているが、ボディシェルはヨーロッパそのもの。マレーシアの自動車メーカーであるプロトン社はロータスの親会社であることから実現したコラボ……、いや復刻である。

ただし、200psを超える2リットルターボエンジンをつんでいた本家ヨーロッパに対し、LEKIRは1.6リットル自然吸気エンジンを搭載して164ps。いくら車重が995kgと軽量でも、動力性能は物足りなさそうだ。

現在のところ「コンセプトカー」扱いで市販の予定はない。
《工藤貴宏》

編集部おすすめのニュース

特集