【ロサンゼルスモーターショー10】スバル インプレッサ デザインコンセプト 詳細画像

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー

スバル インプレッサ デザインコンセプト
  • スバル インプレッサ デザインコンセプト
  • スバル インプレッサ デザインコンセプト
  • スバル インプレッサ デザインコンセプト
  • スバル インプレッサ デザインコンセプト
  • スバル インプレッサ デザインコンセプト
  • スバル インプレッサ デザインコンセプト
  • スバル インプレッサ デザインコンセプト
  • スバル インプレッサ デザインコンセプト
スバル『インプレッサ デザインコンセプト』は、スバルの新しい世界統一ブランドステートメント、「Confidence in Motion」を表現した最初のモデル。躍動感のある4ドーアクーペフォルムを採用した。

インプレッサという名前が付けられてはいるが、具体的な次期モデルのデザインスタディというわけではなく、今後のスバルの自動車づくりを形にしたコンセプトカー。ボディサイズや全体的な印象もインプレッサよりは『レガシィ』に近い。

2009年の東京モーターショーで発表された『ハイブリッドツアラーコンセプト』の流れを受け継ぐデザインとしており、水平基調のグリルや“鷹の目”ヘッドライトを採用し、ひと目でスバル車とわかるデザインとしている。さらに、大きく張り出したフェンダーアーチはスバル車の技術の根幹である「シンメトリカルAWD」をアピールする。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集