インフィニティにAMGやM…第1弾は スカイライン

自動車 ニューモデル 新型車
G37クーペ
  • G37クーペ
  • G37クーペ
  • G37クーペ
  • G37クーペ
  • G37クーペ
  • G37クーペ
  • G37クーペ
  • G37クーペ
日産の高級車ブランド、インフィニティは12日、米国において「IPL」(インフィニティ・パフォーマンス・ライン)を発表した。第1弾は、インフィニティ『G37クーペ』(日本名:日産『スカイラインクーペ』)だ。

IPLは、エンジンや足回りなどに専用チューニングを施し、インフィニティのスポーツ性能を高めた新シリーズ。メルセデスベンツのAMGや、BMWのMのような位置づけを狙う。

第1弾として選ばれたG37クーペでは、「VQ37HR」型3.7リットルV型6気筒ガソリンエンジンに、さらなる高性能を目指したチューンを実施。その内容は、30%の排圧低減を実現するハイフローエグゾーストの採用、エンジンマネージメントやイグニッションタイミングの変更などだ。

これにより、最大出力348ps/7400rpm、最大トルク38.2kgm/5200rpmを獲得。標準エンジンと比較して、最大出力は18ps、最大トルクは0.8kgm向上しており、最大出力の発生回転数も、400rpm引き上げられた。トランスミッションは、ショートストローク化されたクロースレシオ6速MTまたはパドルシフト付き7速ATとなる。

足回りは、専用サスペンションを装備。スプリングレートは前20%、後ろ10%アップし、ダンパーの減衰力も見直された。ブレーキは大容量化。専用ステアリングギアレシオや、ビスカスLSDも与えられる。足元は7スポークのグラファイト仕上げアルミホイールに、前225/45R19、後ろ245/40R19サイズのブリヂストン「ポテンザRE050A」タイヤの組み合わせだ。

外観は、エアロダイナミクス性能の向上をテーマに、前後バンパー、サイドスカート、リアスポイラーを専用デザイン。インテリアは、ブラックまたはレッドのレザーシートや、アルミペダル&トリムなどが標準装備される。

G37クーペのIPLは、北米では12月から販売開始。欧州など、他の市場への投入も計画中だ。インフィニティのベン・プール副社長は、「走り出した瞬間に、サウンドと加速フィールの良さに気づくはず」と自信をのぞかせている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • インフィニティ、高性能シリーズ計画か…AMGやMに対抗 画像 インフィニティ、高性能シリーズ計画か…AMGやMに対抗
  • メルセデスベンツ CL63AMG が進化、571psツインターボを搭載 画像 メルセデスベンツ CL63AMG が進化、571psツインターボを搭載
  • [動画]BMW 1シリーズMクーペ…テスト映像 画像 [動画]BMW 1シリーズMクーペ…テスト映像
  • 【ジュネーブモーターショー10】アウディA1 にSラインが早くも登場 画像 【ジュネーブモーターショー10】アウディA1 にSラインが早くも登場

特集