フィアット 500 フェラーリ仕様、右ハンドル登場…日本導入は?

自動車 ニューモデル 新型車
フィアット500のフェラーリ仕様「695トリビュートフェラーリ」(写真は左ハンドル仕様)
  • フィアット500のフェラーリ仕様「695トリビュートフェラーリ」(写真は左ハンドル仕様)
  • 695トリビュートフェラーリ(写真は左ハンドル仕様)
  • 695トリビュートフェラーリ(写真は左ハンドル仕様)
  • 695トリビュートフェラーリ(写真は左ハンドル仕様)
  • 695トリビュートフェラーリ(写真は左ハンドル仕様)
  • 695トリビュートフェラーリ(写真は左ハンドル仕様)
  • 695トリビュートフェラーリ(写真は左ハンドル仕様)
  • 695トリビュートフェラーリ(写真は左ハンドル仕様)
フィアットは2日、『アバルト695トリビュートフェラーリ』の右ハンドル仕様を開発し、英国市場へ投入すると発表した。

アバルト695トリビュートフェラーリは2009年9月、フランクフルトモーターショーでデビュー。『アバルト500』をベースに、アバルトとフェラーリのコラボレーションによって生まれた限定車だ。フェラーリオーナーのセカンド/サードカー需要を満たすのが狙いである。

外観はフェラーリの赤、「スクーデリアレッド」で塗装。ドアミラーカウルはカーボンファイバー製となり、アルミホイールとリアのエアインテークは、レーシンググレーで仕上げられる。ボンネットやルーフ、リアゲートの2本のストライプは、フェラーリ『F430スクーデリア』をイメージさせるものだ。ヘッドライトは、マニエッティマレリ製のキセノンに交換された。

もちろん、エンジンにも手が加えられており、1.4リットル直列4気筒ターボは、吸排気系を中心にチューニング。最大出力180ps/5500rpm、最大トルク25.5kgm/3000rpmを引き出す。トランスミッションは、「アバルト・コンペティツィオーネ」と呼ばれる2ペダルMT。0-100km/h加速は7秒、最高速は225km/hの実力だ。

足回りは、ダンパーを強化仕様に交換。ブレーキはブレンボ製の4ピストンで、ローターは284mmの大径タイプが装着される。17インチのアルミホイールは、フェラーリ車がモチーフだ。アバルト得意のエグゾーストシステム、「レコードモンツァ」は、3000rpmを境にいっそう刺激的なサウンドに変化する。

インテリアは専用バケットシート、「アバルトコルサbyサベルト」を装着。アバルト500の標準シートよりも10kg軽いカーボン製で、表面はブラックレザー張りとした。ステアリングホイールもブラックレザーで、レッドレザーがアクセントに配される。

フィアットは、アバルト695トリビュートフェラーリの右ハンドル仕様を、限定152台、英国へ投入。その価格は、2万9600ポンド(約406万円)と公表された。152台という台数から判断して、早期の完売は間違いなさそうだ。

右ハンドル仕様を開発したなら、日本発売への期待も高まるところ。しかし現時点で、同車の日本導入に関して、フィアットからアナウンスはない。日本にも、購入したいというファンは少なくないと思われる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • アルファロメオ MiTo にマセラティ仕様が登場 画像 アルファロメオ MiTo にマセラティ仕様が登場
  • スバル インプレッサのコスワース仕様、全容公開 画像 スバル インプレッサのコスワース仕様、全容公開
  • ルノーとソニーがコラボ、トゥインゴ WALKMAN 登場 画像 ルノーとソニーがコラボ、トゥインゴ WALKMAN 登場
  • 日産の新型低燃費エンジン…CO2排出量95g/kmを実現するために 画像 日産の新型低燃費エンジン…CO2排出量95g/kmを実現するために

特集