米国トヨタ、41万2000台をリコール

自動車 ビジネス 国内マーケット
アバロン(プロナード)
  • アバロン(プロナード)
  • LX470(トヨタ・ランドクルーザー・シグナス)
米国トヨタ販売は29日、ステアリング関連部品の不具合により、合計41万2000台をリコール(回収・無償修理)すると発表した。

対象となるのは、2車種。2000〜04年に製造された『アバロン』(日本名:『プロナード』)37万3000台と、2003〜07年に製造されたレクサス『LX470』(日本名:トヨタ『ランドクルーザー・シグナス』)3万9000台、合計41万2000台である。

米国トヨタの発表によると、アバロンはステアリングロックバーに不具合があり、走行中にステアリングがロックされる可能性があるという。レクサスLX470はステアリングシャフトに不具合があり、ステアリング操作ができなくなる可能性があるのとのことだ。

なお、両車は日本でも販売されており、トヨタ自動車は29日、合計約1万6000台のリコールを国土交通省に届け出ている。
《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース