実物大のエヴァンゲリオン初号機が登場、RQも参上し2輪は暴走?

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
(C)Khara エヴァンゲリオンレーシング
  • (C)Khara エヴァンゲリオンレーシング
  • (C)Khara エヴァンゲリオンレーシング
  • (C)Khara エヴァンゲリオンレーシング
  • (C)Khara エヴァンゲリオンレーシング
  • (C)Khara エヴァンゲリオンレーシング
15日、富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)に建造された実物大エヴァンゲリオン初号機の報道陣向け公開日に、エヴァンゲリオンレーシングの4輪マシンに加えて、綾波、アスカ、マリ役、3人のレースクイーンが登場した。

この公開日には、鈴鹿8時間耐久ロードレースに参戦予定の2輪チーム「エヴァンゲリオンRT初号機TRICK☆STAR」のマシンも登場予定であったが、2輪チームは14日に鈴鹿サーキットでおこなわれたテスト走行中、コースのデグナーカーブで転倒するアクシデントが発生、マシンはフレームまで損傷したため今回のお披露目会にマシンを展示することができなかった。

なお、ドライバーに怪我はなく、マシンはTカーにエンジン等を載せ替えて8耐には参戦、来週のレースには間に合わせるとのこと。
《》

編集部おすすめのニュース

特集