アウディのGoogleアースナビ、テレマティクスアワードを受賞

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
A8のGoogleアースナビ
  • A8のGoogleアースナビ
  • A8
アウディは16日、米国ミシガン州ディアボーンで開かれた「テレマティクスアワード2010」において、新型『A8』用の「Googleアースナビ」が、テレマティクスナビゲーションプロダクト賞に輝いたと発表した。

アウディは2009年秋に発表した新型A8に、自動車用ナビゲーションとしては世界で初めて、Googleアースを採用。「MMI(マルチ・メディア・インターフェイス)ナビゲーションプラス」の8インチ液晶モニターに、Googleアースを活用した地図画面が表示できる。

このMMIナビゲーションプラスには、オプションでGPRS/EDGEモデムが取り付けられ、インターネットを介して、地図データのアップデートに対応。また、Google検索の結果を反映した目的地検索も可能だ。例えば、「パン屋」「靴店」などと入力するだけで、最寄りの店を案内してくれる。

さらに、「Googleマップ」を利用して自宅やオフィスのパソコンで製作した旅行プランを、A8のMMIナビゲーションプラスに取り込むことも可能。2010年の半ばからは、UMTSモデムに対応したサービスも開始する予定で、より高速でデータのやり取りができるようになる。

今回、新型A8のGoogleアースナビが、テレマティクスアワード2010のテレマティクスナビゲーションプロダクト賞を受賞。同賞は今年が9回目の開催となり、テレマティクス分野の権威が最高の商品やサービスを選出するアワードだ。

新型A8は世界で初めて、車内無線LANシステムを工場出荷段階で装着可能な自動車となっており、車載テレマティクス分野では、世界で最も進んだ1台といえる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集