米国から超軽量レーシングカー…エンジンはスズキ ハヤブサ

自動車 ニューモデル 新型車
dp4
  • dp4
  • dp4
  • dp4
  • dp4
  • dp4
  • dp4
  • dp4
米国のパラトフモータースポーツ社は、最新レーシングカー『dp4』を発表した。ゴーカートのような究極のサーキット専用車に、米国で注目が集まっている。

同社はデニス・パラトフ氏が、米国オレゴン州に設立した小さなメーカー。オリジナルのレーシングカー、「dpシリーズ」を発売している。その最新作として披露されたのが、dp4である。

dp4の開発目標は、究極のハンドリングマシン。それだけに、軽さが第一に追求された。コンポジットモノコック製のボディは、363kgからという軽量だ。

ボディサイズは、驚くほどコンパクト。全長2636×全幅1709×全高1142mm、ホイールベース1740mmだ。全長はスマート『フォーツー』の2720mmよりも、84mmも短い。

この軽量コンパクトボディのリアに搭載されるのが、排気量600ccからの複数のユニット。中でも頂点に立つのが、スズキの2輪車、『ハヤブサ』用の1340cc直列4気筒ガソリンエンジンだ。

このパワーユニットは、最大出力197ps、最大トルク15.8kgmを発生。トランスミッションは、6速シーケンシャルだ。dp4の動力性能は公表されていないが、エンジンを含めたトータル重量は410kgで、パワーウェイトレシオは2.08kg/ps。この数値から推測して、非常に刺激的なのは間違いない。

プッシュロッド方式のダブルウィッシュボーンサスペンションは、サーキットの特性に合わせて、細かい調整が可能。駆動方式はRRが基本だが、オプションで4WDも選択できる。

パラトフモータースポーツ社は、米国でのdp4のベース価格を、2万3750ドル(約218万円)に設定。既存のスポーツカーに満足しない顧客層に、アピールしている。
《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース