【ジュネーブモーターショー10】ホンダCR-Z、欧州デビュー

自動車 ニューモデル モーターショー
ホンダCR-Z(欧州仕様)
  • ホンダCR-Z(欧州仕様)
  • ホンダCR-Z(欧州仕様)
  • ホンダCR-Z(欧州仕様)
  • ホンダCR-Z(欧州仕様)
  • ホンダCR-Z(欧州仕様)
  • ホンダCR-Z(欧州仕様)
  • ホンダCR-Z(欧州仕様)
欧州ホンダは8日、3月2日に開幕するジュネーブモーターショーに、欧州仕様の『CR-Z』を出品すると発表した。

欧州仕様は、基本的に1月のデトロイトモーターショーで発表された北米仕様と共通。パワートレインは、『フィット』用の1.5リットル直4「i-VTEC」に、ホンダ独自のIMA(インテグレーテッド・モーター・アシスト)を組み合わせたもの。モーターは最大出力14ps、最大トルク8kgmを発生し、エンジンはCVT用が113ps、14.7kgm、6速MT用が114ps、14.8kgmのスペックだ。

ホンダ初の3モードドライブシステムは、スポーツ、ノーマル、ECONの3モードが選択可能。スポーツモードでは、スロットルレスポンスや電動パワーステアリングが、シャープな設定となる。トランスミッションは、6速MTとパドルシフト付きCVT。3Dメーターには、スポーツ、ノーマル、ECONの3モードで、スピードメーター周囲の色が変化する演出が施される。

北米仕様との違いは、シートレイアウト。北米仕様は2シーター(後席部分は荷物スペース)だが、欧州仕様では4シーターとなる。これは日本向けと同じだ。また左右のヘッドランプに、それぞれ8個のデイタイムランニングライトが組み込まれるのも、北米仕様との違いとして指摘できる。

欧州ホンダは、CR-Zの燃費も公表。欧州複合モード燃費は20km/リットルとなる。ちなみに、日本仕様の10・15モード燃費は25km/リットル(CVT車)。これは計測方法の違いに起因すると思われる。CO2排出量は、117g/kmだ。

欧州向けCR-Zは、3月2日に開幕するジュネーブモーターショーで正式発表。価格はその時点で公表される。欧州各国での販売は、今年の半ばに開始される予定だ。
《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース