プジョー 207CC にアートペイント 11月26日から

自動車 ビジネス 国内マーケット
No Man’s Land
  • No Man’s Land
  • 207CC標準型
プジョー・シトロエン・ジャポンは、在日フランス大使館旧庁舎で開催されるアートイベント「No Man’s Land」に協賛、会場でプジョー、シトロエンブランドを訴求すると共に、アーティスティックな車両を展示する。

No Man’s Landイベントは、在日フランス大使館が、11月に同敷地内に建設した新庁舎移転に伴い、解体が決定している現存の施設を活用し、日仏の文化交流発信の場となるユニークなアートイベント。イベントでは、取り壊される前のフランス大使館旧庁舎を訪問できる最後の機会となる。

No Man’s Landでは、建物・敷地を一般に無料で開放、日本とフランスの文化交流の場として活用し、さらに多様なアートの展示、ファッションショー、カフェテリア、ブックショップ、子供向けのワークショップを併催する。

プジョー・シトロエン・ジャポンでは、『207シリーズ』に、電動開閉式メタルルーフを装備し、クーペとカブリオレを自在に楽しめるフル4シーターモデル『207CC』に、世界的に活躍しているアーティストのアガット・ド・バイヤンクール氏によるアートペインティングを施し、旧庁舎パーキングスペース全体をアート空間と捉え、世界に1台だけの207CCを展示する。

また、旧庁舎内の事務室2部屋を活用し、プジョー、シトロエンの歴史やプロダクトに関する展示・装飾を行い、両ブランドのメッセージを発信する。

イベントは2009年11月26日から2010年1月31日まで。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • MINIのアートカー、ドイツに出現…大胆な線模様 画像 MINIのアートカー、ドイツに出現…大胆な線模様
  • スマートフォーツーの都市アート、ブラジルに出現 画像 スマートフォーツーの都市アート、ブラジルに出現
  • マツダのアートカー、ドイツに出現…目立ち度120% 画像 マツダのアートカー、ドイツに出現…目立ち度120%

特集