【VW ポロ 試乗】いいモノ感あふれる…森口将之

試乗記 輸入車
ポロ
  • ポロ
  • ポロ
  • ポロ
  • ポロ
  • ポロ
  • ポロ
各メディアで絶賛されている意味が、最初は理解できなかった。

外観は旧型のほうが上質に見えるし、室内は黒一色のカラーと丈の短い窓、アウトバーン対策?で強く傾いたウインドスクリーンで実寸以上に狭く感じる。さらに街中での乗り心地はブッシュのブルブルが気になる。

ところが別の部分でスゴさが伝わってきた。操作系のタッチだ。ステアリングやペダルはもちろん、DSGのセレクトレバーからエアコンのダイヤルまで、手足で触れるあらゆる部分がすばらしくなめらか。全身にいいモノ感があふれているのだ。

しかも7速DSGのおかげでフツーの1.4リットルでも力不足はなし。飛ばせばさっきのブルブルが姿を消すだけでなく、身のこなしはクイックで、ロードホールディングも高次元。いちばん山道が楽しいVWじゃないだろうか。

業界内では1.2TSIの早期導入を望む声が強いけれど、これでGTIを作ったら楽しそう。ただ内外装がゴルフに似ているせいで、無意識のうちに兄のゴルフと比べてしまう。違うキャラを与えてもよかったのでは?

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★

森口将之|モータージャーナリスト
試乗会以外でヨーロッパに足を運ぶことも多く、自動車以外を含めた欧州の交通事情にも精通している。雑誌、インターネット、ラジオなどさまざまなメディアで活動中。著書に『クルマ社会のリ・デザイン』(共著)、『パリ流 環境社会への挑戦』など。
《森口将之》

編集部おすすめのニュース

特集