【VW ポロ 試乗】このクラスの常識を打ち破る…河村康彦

試乗記 輸入車
ポロ
  • ポロ
  • ポロ
  • ポロ
  • ポロ
  • ポロ
  • ポロ
後席足元空間だけは、やっぱり兄貴分の『ゴルフ』に明確に及ばないけれど、それ以外のクオリティや作り込みレベルに関しては「むしろそれすら凌いでいるのでは!?」と感じられる入魂のコンパクトカーがこのモデル。

従来型比でわずかに大型化をしたものの、それでもそのボディサイズは日本の日常シーンにはドンピシャのもの。全方向に視界が優れているのも、取り回し性の良さに大貢献。

足回りのセッティングは多少“硬派”ではあるものの、それも奏功してかあらゆる走りのシーンでその安定感はこのクラスの常識を打ち破るもの。ステアリングの正確性も抜群で、「日本のコンパクトカーから乗り換えたら、何とも安心感が高く思える」と唸るユーザーもこれならばきっと少なくないはず。

7速DCTの巧みなシフトワークと日本の環境にも違和感を抱かないプログラミングのお陰もあって、日本導入済みの1.4リットルモデルでも実用車としての加速の能力に不足はないものの、当方のオススメは2010年中の上陸が予想をされている1.2リットルのターボ付き直噴エンジン車。

ドイツ本国でテストドライブを経験したこのモデルが積む心臓は、低回転からのすこぶる強力なトルクに優れたネンピ、軽快で滑らかな回転フィール・・・と何拍子もが揃った新開発のユニット。個人的に『ポロ』を選ぶなら、迷う事なくこちらで決まりだ。


■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

河村康彦|モータージャーナリスト
1985年よりフリーランス活動を開始。自動車専門誌を中心に健筆を振るっているモータージャーナリスト。ワールド・カーオブザイヤー選考委員、インターナショナル・エンジンオブザイヤー選考委員。
《河村康彦》

編集部おすすめのニュース

  • 【MINI  ワン & プジョー 207 比較試乗】クラスきっての個性派2モデルの評価は…森口将之 画像 【MINI ワン & プジョー 207 比較試乗】クラスきっての個性派2モデルの評価は…森口将之
  • 【神尾寿のアンプラグド試乗編】走り・使い勝手・エコのバランス…ゴルフ ヴァリアント 画像 【神尾寿のアンプラグド試乗編】走り・使い勝手・エコのバランス…ゴルフ ヴァリアント
  • 【欧州Bセグ特集 写真蔵】アルファロメオ MiTo…イタ車らしいデザインとマニアックな走り 画像 【欧州Bセグ特集 写真蔵】アルファロメオ MiTo…イタ車らしいデザインとマニアックな走り

特集