欧州 Bセグメント 特集ニュースまとめ | レスポンス(Response.jp)

欧州 Bセグメント 特集に関するニュースまとめ一覧

【VW ポロ 試乗】このクラスの常識を打ち破る…河村康彦 画像
試乗記

【VW ポロ 試乗】このクラスの常識を打ち破る…河村康彦

後席足元空間だけは、やっぱり兄貴分の『ゴルフ』に明確に及ばないけれど、それ以外のクオリティや作り込みレベルに関しては「むしろそれすら凌いでいるのでは!?」と感じられる入魂のコンパクトカーがこのモデル。

【VW ポロ 試乗】いいモノ感あふれる…森口将之 画像
試乗記

【VW ポロ 試乗】いいモノ感あふれる…森口将之

各メディアで絶賛されている意味が、最初は理解できなかった。

【欧州Bセグ特集】MINI…充実のラインナップと最新のメカニズムで死角なし 画像
自動車 ニューモデル

【欧州Bセグ特集】MINI…充実のラインナップと最新のメカニズムで死角なし

『MINI』は2ドアハッチバック、観音開き5ドアの「クラブマン」、オープンモデルの「コンバーチブル」の3つのボディタイプで展開。

【欧州Bセグ特集】VW ゴルフ GTI & ニュービートル カブリオレ…クラスは違えどライバル関係 画像
自動車 ニューモデル

【欧州Bセグ特集】VW ゴルフ GTI & ニュービートル カブリオレ…クラスは違えどライバル関係

クラスは違うが、Bセグホットハッチとライバル関係になりそうなのが新型『ゴルフ GTI』(366万円)だ。例えばMINIの「ジョン・クーパー・ワークス」は最高出力がゴルフGTIと同じく211PSで価格は366万円と、文字通りガチンコとなる。

【欧州Bセグ特集】フィアット500…大人気のイタリアンスモール 画像
自動車 ニューモデル

【欧州Bセグ特集】フィアット500…大人気のイタリアンスモール

『フィアット500』(195万円〜)は、愛らしいデザインや快活な乗り味が魅力のイタリアンスモールカー。プラットフォームは『パンダ』がベースでボディはMINIよりも小さく、2ドアのみとなる。

【VW ポロ 試乗】国産車と価格勝負できる…松下宏 画像
試乗記

【VW ポロ 試乗】国産車と価格勝負できる…松下宏

新型『ポロ』では“品質の民主化”をキャッチフレーズに開発を進めたとのこと。その志や良しで、確かに外観品質にしても、インテリア回りのデザインや触感などにしても、これまでのポロを大きく上回るレベルの仕上がりを見せている。

【MINI 50カムデン & フィアット 500 比較試乗】“レトロモダン”を超えるのはどっちだ…千葉匠  画像
自動車 ニューモデル

【MINI 50カムデン & フィアット 500 比較試乗】“レトロモダン”を超えるのはどっちだ…千葉匠 

MINI 50カムデンを見て、SFのジャンルの「スチームパンク」を連想した。蒸気機関がもしも歴史のなかで淘汰されずに発展していたら……と、レトロフューチャーなストーリーを展開するのがスチームパンク。それはBMWの手によって現代に蘇ったMINIの在り方に符合する。

【欧州Bセグ特集】アバルト 500 & グランデプント…現代に甦った伝説のボーイズレーサー 画像
自動車 ニューモデル

【欧州Bセグ特集】アバルト 500 & グランデプント…現代に甦った伝説のボーイズレーサー

フィアット500では走りが物足りない、という人にうってつけなのが、その高性能バージョンである『アバルト 500』(295万円)そして『アバルト グランデプント』(270万円)だ。

【MINI コンバーチブル &VW ニュービートル カブリオレ 比較試乗】オープンカーは可愛さ命…岩貞るみこ 画像
自動車 ニューモデル

【MINI コンバーチブル &VW ニュービートル カブリオレ 比較試乗】オープンカーは可愛さ命…岩貞るみこ

幌をあけてたたずむ二台のクルマ。『MINIコンバーチブル』と、『ニュービートルカブリオレ』。たたんだ屋根を無骨に背負っちゃって、誤差ナシ製造技術を駆使する21世紀自動車産業のなかでは、妙に異質にみえる。

【欧州Bセグ特集】プジョー 207…間口の広さはMINI以上 画像
自動車 ニューモデル

【欧州Bセグ特集】プジョー 207…間口の広さはMINI以上

『207』シリーズのボディタイプは3ドアや5ドア、5ドアワゴン、電動メタルトップを備えたオープンタイプのCCとバリエーション豊か。エンジンも1.4/1.6/1.6直噴ターボとあり、変速機も4AT/5MT/6MTと各種揃う。価格も189万円からと、間口の広さはMINI以上と言えるだろう。

【欧州Bセグ特集】ルノー ルーテシア…RSは MINI クーパーS最大のライバル 画像
自動車 ニューモデル

【欧州Bセグ特集】ルノー ルーテシア…RSは MINI クーパーS最大のライバル

『ルーテシア』はVWポロやプジョー207と同クラスのコンパクトカーだ。

【MINI  ワン & プジョー 207 比較試乗】クラスきっての個性派2モデルの評価は…森口将之 画像
自動車 ニューモデル

【MINI ワン & プジョー 207 比較試乗】クラスきっての個性派2モデルの評価は…森口将之

プジョー『207』は、MINIの強力なライバルの1台だと思う。どちらもデザインコンシャスで走りが楽しく、そしてキャラクターに惹かれる点も共通している。だからこそベーシックグレードを選んで、ふだん使いしながら魅力を堪能するのもアリと考えている。

【欧州Bセグ特集 写真蔵】アルファロメオ MiTo…イタ車らしいデザインとマニアックな走り 画像
自動車 ニューモデル

【欧州Bセグ特集 写真蔵】アルファロメオ MiTo…イタ車らしいデザインとマニアックな走り

『MiTo(ミト)』は、メーカー自ら「ベイビーアルファ」と称するアルファロメオの最小モデルだ。その2ドアハッチバックボディはMINIより一回り大きいが、キャラクターとしてはアバルト500同様、MINI COOPER S(6MT)が直接のライバル車となる。価格は285万円だ。

【MINI クラブマン & アルファロメオ MiTo 比較試乗】MiToのターゲットはMINI…西川淳 画像
自動車 ニューモデル

【MINI クラブマン & アルファロメオ MiTo 比較試乗】MiToのターゲットはMINI…西川淳

MiToの発表試乗会に赴いたときのこと。この小さなアルファロメオを開発した背景として現地のスタッフは、「イタリアでも若者のクルマ離れが進んでいる」ことを挙げていた。

【欧州Bセグ特集 写真蔵】輝かしい過去を現在に MINI 50メイフェア 画像
自動車 ニューモデル

【欧州Bセグ特集 写真蔵】輝かしい過去を現在に MINI 50メイフェア

『MINI 50メイフェア』は、2010年9月までの期間限定生産となる特別仕様車で、輝かしい「過去」をイメージしたクラシックな印象を与えるデザインが特徴だ。

【VW ポロ 試乗】まったくもって嫁いびりの姑…岩貞るみこ 画像
試乗記

【VW ポロ 試乗】まったくもって嫁いびりの姑…岩貞るみこ

『ポロ』に7速DSG! なんて大盤振る舞いなVWなのだろう。俄然やる気むんむんでのぞんだ試乗会。そりゃ、悪いワケがない。なので今回は重箱のスミつつきである。

【欧州Bセグ特集】VW ポロ…高い実用性と7速DSGによる好燃費 画像
自動車 ニューモデル

【欧州Bセグ特集】VW ポロ…高い実用性と7速DSGによる好燃費

新型ポロは10月に発売されたブランニューモデル。スタイリングはゴルフをスケールダウンした感じだが、今や立派になり過ぎたゴルフに対して、ポロこそがVWを代表するベーシックカーと言えるだろう。

【VW ポロ & MINI 50 メイフェア 比較試乗】優等生のポロか、個性に浸れるMINIか…藤島知子 画像
自動車 ニューモデル

【VW ポロ & MINI 50 メイフェア 比較試乗】優等生のポロか、個性に浸れるMINIか…藤島知子

環境性能と効率を求めるという意味では、いまやダウンサイジング傾向にあるが、効率を高めるだけでなく、小さいボディにギュッといいものが詰まったコンパクトカーは注目のモデルが目白押しなのである。

「“MINIらしさ”は変わらない新しさ」…MINIプロダクト・マネージャーに聞く 画像
自動車 ビジネス

「“MINIらしさ”は変わらない新しさ」…MINIプロダクト・マネージャーに聞く

2007年3月の2代目BMW MINI登場から2年半あまり。ハッチバックからコンバーチブル、クラブマンといった多種多様なMINIを街で見る機会が多くなったが、その一方でVWの新型『ポロ』やアルファロメオ『MiTo』など、ライバルと目される欧州コンパクトががつぎつぎと登場した。

【VW ポロ 試乗】後に控えるモデルが気になる…岡本幸一郎 画像
試乗記

【VW ポロ 試乗】後に控えるモデルが気になる…岡本幸一郎

新型VW『ポロ』はいたってベーシックで、よくできたコンパクトカーだが、欧州や日本のBセグのライバル車に対して、何か圧倒的なアドバンテージを持っているわけではないと思う。

渋谷で、表参道で、六本木で50周年のMINIを目撃! 画像
自動車 ビジネス

渋谷で、表参道で、六本木で50周年のMINIを目撃!

BMWジャパンは11月28日より、MINIブランド生誕50周年を記念して『MINI 50メイフェア』と『MINI 50カムデン』の目撃型路上走行&サンプリングイベントをスタートした。

【MINI 50周年】個性で選ぶ3モデル、特別仕様車の「メイフェア」「カムデン」も登場 画像
自動車 ニューモデル

【MINI 50周年】個性で選ぶ3モデル、特別仕様車の「メイフェア」「カムデン」も登場

MINIの現行ラインナップは大きく分けて、2ドアハッチバックの「MINI」、観音開き5ドアの「MINI クラブマン」、オープンモデルの「MINI カブリオレ」の3つだ。

【MINI 50周年】最新技術と未来像…エンジンからコンセプトカーまで 画像
自動車 ビジネス

【MINI 50周年】最新技術と未来像…エンジンからコンセプトカーまで

個性的なデザインやキャラクターが目を引くMINIだが、その成功を影で支えているのが、BMWならではの徹底した技術志向だ。そこが「ファッショナブルな(だけの)商品」とMINIとの決定的な違いと言える。

【MINI 50周年】その半世紀に及ぶ歴史を振り返る 画像
自動車 ニューモデル

【MINI 50周年】その半世紀に及ぶ歴史を振り返る

1959年にMINIが誕生してからちょうど半世紀。21世紀に入って新型に生まれ変わったMINIだが、一つのモデルがこれほど長く、多くの人に愛され、新しいファンを獲得している例は他にないだろう。ここではその50年の歴史を、いくつかのエピソードと共に振り返ってみよう。

プジョー 207CC にアートペイント 11月26日から 画像
自動車 ビジネス

プジョー 207CC にアートペイント 11月26日から

プジョー・シトロエン・ジャポンは、在日フランス大使館旧庁舎で開催されるアートイベント「No Man’s Land」に協賛、会場でプジョー、シトロエンブランドを訴求すると共に、アーティスティックな車両を展示する。

    1 2 3 > 次
Page 1 of 3