【ロールスロイス ゴースト 発表】スポーツジャケットのような

自動車 ニューモデル 新型車
ゴースト
  • ゴースト
  • ゴースト
  • ゴースト
  • ゴースト
  • ゴースト
  • ファントム
  • ゴースト
  • ゴースト
ロールス・ロイス・モーター・カーズは、新たなモデルシリーズの第1弾となる新型高級サルーン『ゴースト』を日本でも公開し、受注を開始した。

ロールスロイスモーターカーズ、アジア・パシフィック担当リージョナル・ディレクターのコリン・ケリー氏はそのスタイルについて、「これまでのロールスロイスの特徴を持たせているところと、今回のゴースト特有のものと2つに分けられます」という。

まずロールスロイスの特徴としては、「ボンネットフードの高さ。フロントのオーバーハングが非常に短いこと。それに対してリアのオーバーハングは非常に長いことなどが挙げられます。これは『ファントム』とよく似ているところです。また他のロールスロイスと同様、コーチドア(リアドアが後ろヒンジ)でエレガントに乗り降りができるのも特徴です」。

ゴーストの特徴としては、「フロントグリル。ジェット機のエアインテークをイメージしたグリルは、インテークの両端を内側に緩やかなカーブを描くようにし、かつ整流板を奥に配置するようにして、そのイメージを表現しています」という。

「もちろん、非常にクラシックなパルテノン神殿スタイルは踏襲しています。また『スピリットオブエクスタシー』が付いているのでファミリーということも分かってもらえるでしょう」

デザインという観点でみると、従来型よりカジュアルなものを意図した。「ファントムと比べ全高も低くなっています。ファントムはタキシード、ゴーストはスポーツジャケットのような感じ。非常に近代的で、スポーティとまではいきませんが、軽快でエレガントなスタイリングです」。

その一例がフロントフェンダーの前輪後ろ、エンブレム前方から始まるプレスライン。「ファントムではまっすぐ下に向かった後、リアに向きを変えるのに対し、ゴーストは斜めに走った後、リアに流れて行く。これによって軽快感をもたせています。ルーフラインも、Cピラーを寝かせ少しクーペらしくしています」。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

  • 【ロールスロイス ゴースト 発表】日本で受注開始…2900万円 画像 【ロールスロイス ゴースト 発表】日本で受注開始…2900万円
  • 【フランクフルトモーターショー09ライブラリー】ロールスロイス ゴースト 画像 【フランクフルトモーターショー09ライブラリー】ロールスロイス ゴースト
  • 【ベントレー スーパースポーツ 発表】何かすごいことをしよう! 画像 【ベントレー スーパースポーツ 発表】何かすごいことをしよう!
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース