【COTY09-10 選考コメント】日本を代表するフォワード2トップ…清水和夫

自動車 ビジネス 企業動向
大賞:トヨタ プリウス
  • 大賞:トヨタ プリウス
  • 大賞:トヨタ プリウス(東京モーターショー09)
  • ホンダ インサイト(東京モーターショー09)
  • 三菱 i-MiEV(東京モーターショー09)
投票した車種と配点は以下の通り
10点 トヨタ『プリウス』
8点 ホンダ『インサイト』
4点 三菱『i-MiEV』
2点 VW『ゴルフ』
1点 メルセデスベンツ『Eクラス』

【COTY 特別賞】
テクノロジー メルセデスベンツ『Eクラス』
モーストファン VW『ゴルフ』
ベストバリュー スバル『レガシィ』
3rdディケード トヨタ『iQ』

上位二台のハイブリッドは日本を代表するフォワード2トップ。世界にハイブリッドを広めるために、ハイブリッドのチームジャパンを評価。さらにモーターの数でどっちが優れているのか、など幼稚な丁々発止を二度としないとトヨタとホンダに釘を刺した上で、ハイブリッドを評価した。

電気自動車はまだ未熟な技術であるが、EVの世界を先陣として切り拓く勇気を評価。ゴルフはエコと愉しさが両立。来年早々には四つ星(排ガス)取るとのこと。メルセデスはドライバーアシストの安全技術で世界をリードしている。


清水和夫|自動車ジャーナリスト
1954年東京生まれ。武蔵工業大学電子通信工学科卒業。サーキットレース歴35年以上と豊富な経験を持つプロドライバー出身の自動車ジャーナリスト。東海大学の非常勤講師や安全運転のインストラクターなどでも活躍中。自動車専門誌各誌で連載執筆。書籍は『クルマ安全学のすすめ』、『燃料電池とは何か』(共著)、『ITSの思想』(以上NHK出版)、『ディーゼルこそが、地球を救う』(共著、ダイヤモンド社)など。自動車安全だけではなく環境技術においても造詣が深く、2009年はNEDOの『革新的次世代低公害車』の委員も務めている。
《清水和夫》

編集部おすすめのニュース

  • 【COTY 選考コメント】パラダイムシフト…清水和夫 画像 【COTY 選考コメント】パラダイムシフト…清水和夫
  • 【清水和夫のサステナブル・リポート】三菱i MiEV その1…化石燃料を使わずにして、今後のカーライフを考える 画像 【清水和夫のサステナブル・リポート】三菱i MiEV その1…化石燃料を使わずにして、今後のカーライフを考える
  • 【COTY09-10 選考コメント】“走って楽しいエコカー”の方向性…萩原秀輝 画像 【COTY09-10 選考コメント】“走って楽しいエコカー”の方向性…萩原秀輝
  • 【COTY09-10 選考コメント】“エコカー=退屈”ではない…藤島知子 画像 【COTY09-10 選考コメント】“エコカー=退屈”ではない…藤島知子

特集

おすすめのニュース