【東京モーターショー09ライブラリー】ホンダ EV-N

「HELLO!(Honda Electric mobility Loop)」をキャッチフレーズに、クルマの電気化による“脱石油”の未来像を示すホンダブース。コンセプトカー『EV-N』は、その主役となるEV(電気自動車)についてのホンダの新しい提案だ。

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー
ホンダ EV-N
  • ホンダ EV-N
  • ホンダ EV-N
  • ホンダ EV-N
  • ホンダ EV-N
  • ホンダ EV-N
  • ホンダ EV-N
  • ホンダ EV-N
  • ホンダ EV-N
「HELLO!(Honda Electric mobility Loop)」をキャッチフレーズに、クルマの電気化による“脱石油”の未来像を示すホンダブース。コンセプトカー『EV-N』は、その主役となるEV(電気自動車)についてのホンダの新しい提案だ。

モデル名はホンダが初めて作った4人乗り乗用車『N360』から取ったもので、新世代EVの第一歩という意味合いが込められている。全長の短いコロリとしたスタイリング、レトロモダンを感じさせるヘッドランプからフェンダーにかけてのデザインなども、一見N360をイメージさせる。

ボディ外寸は1モーターEVの動力機構と4人乗りの空間を、衝突安全性確保を想定しながらミニマムサイズでパッケージングした大きさ。全幅は今日の軽自動車と同等だが、全長は2860mmにまで切り詰められている。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集