【東京モーターショー09】日産 リーフ…EVだからできたデザイン

自動車 ニューモデル モーターショー
リーフ
  • リーフ
  • リーフ
  • リーフ
日産自動車が回東京モーターショーに出品する『リーフ』は電気自動車である。電気自動車だから出来たデザイン上の特徴を、デザイン本部プロダクトデザイン部プロダクトチーフデザイナー井上真人さんは、「槍の先、弾丸の先のような形が出来るのです」という。

「エンジンと比べて電気モーターでは、フロント周りの体積を小さく出来ます。そこで、サイド(フロントフェンダーからバンパー先端に向かって)を絞れました」

「さらに、フロントウインドウの下端のラインを弧を描くように、中央部で思いっきり前に出して、同じくエンジンフード前端をプランビューで丸くして、2つのラインが同じ調子で弧を描くようにしました。そうして勢いのある躍動感が生まれたのです」

「クルマのデザインは動感をどう形作るかというところがポイントです。リーフはFFなので、重量配分はタイヤが接地するように前が重めがいい。そうするとFFは前が長いほうが良い。後ろは短めに切る。ちがう言い方をすると、FFの場合はボディがロケット。タイヤは後から付いているという形が、躍動感を出しやすいのです」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集