【東京モーターショー09】ホンダ SKYDECK…クリーンさとダイナミズムの両立

自動車 ニューモデル モーターショー
SKYDECK
  • SKYDECK
  • SKYDECK
  • SKYDECK
  • SKYDECK
  • SKYDECK
  • SKYDECK
第41回東京モーターショーに出品されるホンダ『SKYDECK』。このモデルはハイブリッドの6シーターである。

この全体のコンセプトについて、デザイン開発室第1ブロック2スタジオ 、内山慎也さんは、「いま我々は『インサイト』というハイブリッドがあります。そのインサイトのハイブリッドをより多くの人に対して、使い勝手の幅を広げたようなクルマができないかということがもともとの発想です」という。

そして、「インサイトをちょっと大きくして3列シートで6人乗れて、でもそんなに大きくなくてミニバンではないぞ、というコンセプトなのです」。

そして、エクステリアでは「クリーンでダイナミック。ぱっと聞くと相反している言葉だがこれを併せ持っているのが特徴です」。

まず、「クリーンのところではグラッシィなキャビンなどで表現しており、そこにダイナミックさも感じてもらえればと思います」。

「そして、ホンダは走りみたいなところが考えの根底にあって、とても大事にしているところなので、我々も絵を描くときは意識しています。四隅のタイヤはしっかり踏ん張らせるということやフェンダーにキャラクターラインを入れてしっかりと走るぞというところで表現をしているのです」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集