【東京モーターショー09】ホンダ CR-Z 量産直前

自動車 ニューモデル モーターショー

CR-Z
  • CR-Z
  • CR-Z
  • CR-Z
  • CR-Z
  • 澤井大輔ALPL
ホンダは第41回東京モーターショーに量産直前となった『CR-Z Concept2009』を出品する。

「このクルマの考え方は非常に燃費の良いハイブリッドというだけではなく、走る楽しさも追及しようと、短く、低く、幅広いというパッケージを与えています」と話すのは本田技術研究所 四輪R&Dセンターデザイン開発室・アドバンススタジオ、東京モーターショープロジェクト・ALPL澤井大輔さん。

「エクステリアデザインは、先進を感じる弾丸のようなワンモーションフォルムに、走るということを表現した非常に官能的な隆起したフェンダー、あるいは、面の表現などを用いて理性だけではなく感情に訴えるような造形美を追求しています」

また、「顔周りに関してはシンボリックな小型のグリル、精悍なヘッドライトなどを用いてホンダのスポーツハイブリッドらしい顔つきを表現しています」という。

「インテリアは、スマートコックピットという考え方で、瞬間認知、直感操作といったクルマの操作の機能性というものを高めながらブルーアンビエント照明による3Dで浮かび上がったようなメーターなど、ハイブリッドらしい先進さを表現しています」

また、「ドライバーを包み込むようなインストの形状として、非常に心地のいい、スポーツカーらしいタイト感を演出しています」と、ハイブリッドカーの新しい楽しみを広げていくとした。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集