ヴィジョンエフィシエントダイナミクス…BMWの未来が見える

自動車 ニューモデル 新型車

ヴィジョンエフィシエントダイナミクス…BMWの未来が見える
  • ヴィジョンエフィシエントダイナミクス…BMWの未来が見える
  • ヴィジョンエフィシエントダイナミクス…BMWの未来が見える
  • ヴィジョンエフィシエントダイナミクス…BMWの未来が見える
  • ヴィジョンエフィシエントダイナミクス…BMWの未来が見える
  • ヴィジョンエフィシエントダイナミクス…BMWの未来が見える
BMWは8月29日、コンセプトカー『ヴィジョンエフィシエントダイナミクス』を発表した。動画共有サイトでは、そのPR映像が公開されている。

同車はBMWの考える未来のスポーツカーの姿を表現した1台。パワートレインは、ターボディーゼルエンジンに2個のモーターを組み合わせたもので、家庭用電源から充電可能なプラグインハイブリッド車を提案する。

ミッドシップに置かれるエンジンは、新開発の1.5リットル直3ターボディーゼル。高圧直噴システムや可変ジオメトリーターボなど、BMWの最新技術が導入され、エンジン単体での最大出力は163ps、最大トルクは29.6kgmに達する。

モーターは、フロントとリアに1個ずつ、合計2個を搭載。それぞれが前輪と後輪を駆動する4WDとなる。トランスミッションは、『M3』『Z4』で定評のある6速「DCT」(ダブルクラッチトランスミッション)だ。

最大出力51ps、最大トルク29.6kgmを発生するリアモーターは、エンジンとDCTの中間にレイアウト。フロントモーターはフロントアクスルに置かれ、最大出力80ps、最大トルク22.4kgmを生み出す。オーバーブーストモードでは最大10秒間、最大出力を139psまで高めることが可能。どちらのモーターも減速時には回生ブレーキとして作動する。

車体中央フロア下に置かれる2次電池は、リチウムイオンバッテリーで、定格電圧364V、蓄電容量10.8kWh。充電はフロントフェンダーに設けたソケット部から行い、家庭用の220Vコンセントなら約2.5時間、380Vの急速チャージャーを使えば、44分で完了する。

ターボディーゼルと2個のモーターを合わせたハイブリッドシステムのトータル出力は、356ps、81.6kgmとパワフル。この結果、ヴィジョンエフィシエントダイナミクスは、0 - 100km/h加速4.8秒、最高速250km/h(リミッター作動)という1級スポーツカーにふさわしい性能を獲得した。

それでいて、欧州複合モード燃費26.6km/リットル、CO2排出量99g/kmと環境性能もトップクラス。また、モーター単独で最大50kmをゼロエミッション走行でき、ディーゼルハイブリッドの最大航続距離644km/hと合わせ、燃料満タン状態で最大694kmを走行できる。

時代が要求する環境性能と、BMWならではの運転する歓びを高次元で両立させたヴィジョンエフィシエントダイナミクス。そのPR映像は、動画共有サイトで見ることができる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集