日産、専用プラットフォームのEV公開…社運をかけて

自動車 ニューモデル 新型車
日産、専用プラットフォームのEV公開…社運をかけて
  • 日産、専用プラットフォームのEV公開…社運をかけて
  • 日産、専用プラットフォームのEV公開…社運をかけて
日産自動車は27日、神奈川県横須賀市の同社試乗施設で電気自動車(EV)専用に開発したプラットフォーム(PF)をベースにしている実験車両を公開した。この専用PFは2010年末に日米で発売されるEVに採用される。

27日公開した実験車両の外板は『ティーダ』のものを流用している。日産は8月2日に横浜市に移転する新本社を披露することにしており、同日、EVの専用デザインも公表することにしている。

実験車両のスペックは、定員が4 - 5人で最高速度は140km/h以上としている。注目の2次電池は、薄板状のラミネート型リチウムイオン電池3枚を重ねたモジュールを48個搭載している。電池の容量は24kWhで、航続距離は米国の「LA4」モード測定によると「160km以上」。

三菱自動車がこのほど発売した『i-MiEV』とほぼ同レベルだ。「LA4」モードは日本の「10・15モード」より、やや距離がでにくいとされ、実際には160kmを若干上回るレベルになるという。

この実験車両のスペックは、来年発売されるEVのベースになるもので、日産が社運をかけて投入するEVの実像が徐々に明らかになってきた。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

  • 【三菱 i-MiEV】関西電力、13台を導入 画像 【三菱 i-MiEV】関西電力、13台を導入
  • 【三菱 i-MiEV】個人の受注を開始 7月31日から 画像 【三菱 i-MiEV】個人の受注を開始 7月31日から
  • 日産 ティーダ…ECOモード/ナビ協調制御機能を追加 画像 日産 ティーダ…ECOモード/ナビ協調制御機能を追加
  • 日産、エコカー減税対象車種を拡大…7車種で燃費向上 画像 日産、エコカー減税対象車種を拡大…7車種で燃費向上

特集