【東京オートサロン09】ビアンテ ロータス RVスペシャル…フラットベッド

自動車 ニューモデル モーターショー

【東京オートサロン09】ビアンテ ロータス RVスペシャル…フラットベッド
  • 【東京オートサロン09】ビアンテ ロータス RVスペシャル…フラットベッド
  • 【東京オートサロン09】ビアンテ ロータス RVスペシャル…フラットベッド
  • 【東京オートサロン09】ビアンテ ロータス RVスペシャル…フラットベッド
  • 【東京オートサロン09】ビアンテ ロータス RVスペシャル…フラットベッド
  • 【東京オートサロン09】ビアンテ ロータス RVスペシャル…フラットベッド
  • 【東京オートサロン09】ビアンテ ロータス RVスペシャル…フラットベッド
  • 【東京オートサロン09】ビアンテ ロータス RVスペシャル…フラットベッド
  • 【東京オートサロン09】ビアンテ ロータス RVスペシャル…フラットベッド
マツダでは、さまざまなカスタムが施されたミニバン『ビアンテ』が展示された。「Rotas RV Special」は、ビアンテをキャンピングカー風にアレンジしたカスタムカー。企画を担当したのは、キャンピングカーメーカー、ロータスRV販売株式会社。

Rotas RV Specialと「Columbia Sports MTB Special」との2台は、ビアンテの3列目シートを取り外し、そのレールに部品を装着することによりカスタマイズしてあるのが特長だ。つまり切ったり、穴をあけたり、“熱を入れ”たりしないのである。

Rotas RV Specialでは、3列目シートの取り付けレールに折りたたみ式のボードシステムを装着する。このボードシステムが実によくできていて、折りたたみ方によってさまざまなスタイルにカスタマイズ可能。

例えばラゲッジルームに簡易ベンチシートを作ったり、荷室に上下2段式の棚を作ったりできる。しかも、このボードシステムの搭載やスタイルの変更には、工具を一切必要しない。

ボードシステムの驚くべき機能は、ボードを最大に広げて後部座席にフルフラットなスペースを作れるところ。このスペースは大人ふたりがゆったりと横になれる広さ。筆者も実際に横になってみたが、凹凸がまったくないので寝心地はよかった。岩場にテントを張るよりも、よっぽど寝心地がよい。

これだけ高機能なボードシステムだが、3列目シートとの重量差は+15kg程度。車両の重心バランスがほとんど崩れることなくキャンピングカーに早変わりする、とてもユニークなカスタムパーツである。

オートサロンの会場では、家族連れの来場者が熱心に見入っていた。また、小さい子供は実際に横になって楽しそうにはしゃいでいたのも印象的だった。なかには「レンタカーとして使ってみたい!」と興味津々なお客さんもいたとか。

Columbia Sports MTB SpecialとRotas RV Specialのどちらも、ビアンテのロングレールと広い開口部を有効に使ったおもしろいカスタムカーだ。キャンプやダウンヒルバイク、サーフィンなどのアウトドアスポーツ愛好家にとってはとても魅力的な車両である。
《佐藤隆博》

編集部おすすめのニュース

特集