【ルマン08】21時間経過、アウディとプジョーが1周差でトップ争い

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

【ルマン08】21時間経過、アウディとプジョーが1周差でトップ争い
  • 【ルマン08】21時間経過、アウディとプジョーが1周差でトップ争い
  • 【ルマン08】21時間経過、アウディとプジョーが1周差でトップ争い
  • 【ルマン08】21時間経過、アウディとプジョーが1周差でトップ争い
ルマン24時間耐久レース、現地は正午を過ぎ残りレースも3時間を切った、21時間経過した時点の順位は、トップがアウディ2号車で334周、2位はプジョーの7号車で333周と、その差一周となっている。

3位プジョー9号車とアウディ3号車も、ともに331周の59秒差、5位プジョー8号車と6位アウディ1号車が、322周と321周の1周差で、それぞれ競り合っている。

日本勢では、童夢が周回数263周で31位、チームテラモスが周回数206周で36位、東海大学が185周でリタイアとなっている。
《》

編集部おすすめのニュース

特集