【リコール】ボルボ XC90 ガラスの曇りが取れない

エコカー 燃費

ピー・エー・ジー・インポートは28日、ボルボ『XC90』のエンジン制御プログラムに不具合があるとして国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2006年9月27日 - 07年11月21日に輸入された975台。

エンジンの制御プログラムが不適切なため、デフロスタが作動しなくなり、前面ガラスの曇りが取れずに前方の視野が確保できなくなる恐れがある。全車両プログラムを書き換える。

不具合件数は20件で、市場からの情報で発見した。事故は起きていない。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集