【東京オートサロン08】走りをクールに意識…レクサス

自動車 ニューモデル モーターショー

【東京オートサロン08】走りをクールに意識…レクサス
  • 【東京オートサロン08】走りをクールに意識…レクサス
  • 【東京オートサロン08】走りをクールに意識…レクサス
  • 【東京オートサロン08】走りをクールに意識…レクサス
  • 【東京オートサロン08】走りをクールに意識…レクサス
  • 【東京オートサロン08】走りをクールに意識…レクサス
東京オートサロン2008(幕張メッセ)のレクサスブースは『IS F』を軸に展開。レースカーから実験車、そして市販車へと、サーキットでの経験とノウハウをIS Fに注ぎ込んだという見せ方が印象的だった。

まずレースの臨場感を伝えてくれたのは「OPEN INTERFACE TOM’S SC430」。2006年SUPER GT(スーパーGT)シリーズで見事チャンピオンに輝いた成績のあるマシンだ。

また、IS Fの開発にあたり、レスポンス、サウンド、伸び感という、数値では表せない官能性能を具現化するための実験車として、「IS F Racing Concept」が展示され、クルマの周りに常に人だかりができていてた。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集