【東京モーターショー07】三菱見てから…S-AWC体感、アルプスをぶっ飛ばせ

エコカー 燃費

【東京モーターショー07】三菱見てから…S-AWC体感、アルプスをぶっ飛ばせ
  • 【東京モーターショー07】三菱見てから…S-AWC体感、アルプスをぶっ飛ばせ
  • 【東京モーターショー07】三菱見てから…S-AWC体感、アルプスをぶっ飛ばせ
「アルプスの山岳コースをぶっ飛ばせ」---三菱自動車の展示ブース内にある体感シアターでは、4WDを核に究極の車両運動統合制御を実現する「S-AWC(Super All Wheel Control)」システムによる「走る歓び」を楽しむことができる。

S-AWCは後輪の左右の駆動力と、前後輪の差動制限力の制御に加えて、ブレーキとステアリング、サスペンションを制御対象としており、走る楽しさと安定性を両立。いわば、「ドライバーにドリフトを許容しながら,クルマの姿勢の安定性を確保することが可能」という優れもの。

体感シアターは、1回が8分ほどだが、スクリーン前にある座席にシートベルトを着用し、左右に座席を傾けながらのワインディングロードの走行は快感そのもの。ただし、S-AWCを搭載しないクルマとの比較もあって、搭載なしでは気分が悪くなる場合もあって要注意だ。体感希望者は三菱ブースで予約を受付ている。
《福田俊之》

編集部おすすめのニュース

特集