【フランクフルトモーターショー07】三菱 ランサー 新型登場…概要

自動車 ニューモデル モーターショー

【フランクフルトモーターショー07】三菱 ランサー 新型登場…概要
  • 【フランクフルトモーターショー07】三菱 ランサー 新型登場…概要
  • 【フランクフルトモーターショー07】三菱 ランサー 新型登場…概要
  • 【フランクフルトモーターショー07】三菱 ランサー 新型登場…概要
三菱自動車はこの秋のドイツ、フランクフルトモーターショーで、新型『ランサー』を発表する。4ドアの「ランサー・スポーツセダン」と「ランサー・エボリーション」が、シリーズ第一弾として登場、2007年末に発売される。

新型ランサーは『アウトランダー』、『デリカD:5』と同じグローバル・プラットフォームを用いる。車名については、ランサー・スポーツセダンは日本では『ギャラン・フォルティス』、ランサー・エボリーションは『ランサー・エボリーションX』になる予定だ。

新型ランサーのデザインは、フランクフルト近郊、トレバーにある三菱自動車の欧州デザインスタジオで開発された。2005年フランクフルトモーターショーで発表された『コンセプト・スポーツバック』、同年東京モーターショーで発表された『コンセプトX』とデザイン言語を共有するが、これらのコンセプトカーも欧州スタジオで開発されている。

量産型の寸法は全長4570mm、全幅1760mm。エンジンは、エントリーレベルが1.5リットルDOHC・MIVECガソリン(110PS)、ミッドレインジが2.0リットル「ポンプジェット」ディーゼル(140PS)と1.8リットルDOHC・MIVECガソリン(144PS)を搭載する。上級仕様は後から追加設定される。

そしてメーカー自ら呼ぶところの“ヒーロー”仕様、すなわちランサー・エボリューションに搭載されるエンジンは2.0リットル・ターボDOHC・MIVECガソリンエンジン。出力は現時点では明らかにされていない。

トランスミッションは5MT、6MT、CVT、4AT、6速自動MTが用意され、エンジン機種によって設定される。

さらに2008年には、5ドアの「ランサー・スポーツバック」が追加される。05年フランクフルトモーターショーのコンセプトカーをベースに開発され、ハッチバックを好む欧州市場向けとなる。

メーカーは「新型ランサーは欧州市場において、時の流れに古びない存在感、鋭い躍動感、信頼性を求める消費者にとって、新鮮な選択肢となる」と自負する。さらに「誇るべき伝統のある、それでいて保守本流ではない、同時に見識と品質のあるブランド」であると訴求する。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集