トヨタの燃料電池車、宅急便車両として営業運行

エコカー 燃費

トヨタ自動車は、経済産業省の「水素・燃料電池実証プロジェクト(JHFC)」の燃料電池自動車実証実験に参画し、ヤマト運輸の協力のもと、中部国際空港(セントレア)周辺地域に燃料電池ハイブリッド車『トヨタFCHV』による営業運行を実施すると発表した。

具体的には、事業用貨物車として登録した燃料電池ハイブリッド車トヨタFCHVをヤマト運輸へ貸与し、ヤマト運輸の常滑新開宅急便センターと中部国際空港間の配送業務など実用的な使用形態で実施する。

トヨタは、今回の営業運行を通じて、燃料電池ハイブリッド車の実用化に必要な種々のデータを取得する予定。

水素の充填は、JHFCの燃料電池自動車用水素供給設備実証研究の一環として、中部国際空港島内に設置された「JHFCセントレア水素ステーション」を使用する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集