【東京オートサロン07】ダイハツ ブーンX4 2006年全日本ラリー選手権仕様

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

【東京オートサロン07】ダイハツ ブーンX4 2006年全日本ラリー選手権仕様
  • 【東京オートサロン07】ダイハツ ブーンX4 2006年全日本ラリー選手権仕様
  • 【東京オートサロン07】ダイハツ ブーンX4 2006年全日本ラリー選手権仕様
  • 【東京オートサロン07】ダイハツ ブーンX4 2006年全日本ラリー選手権仕様
きれいに磨き上げられたカスタムカーだと思ったら、昨年の全日本ラリー選手権においてクラス優勝を達成した平塚・鈴木組の使用車、ダイハツ『ブーンX4』だった。レースファンには嬉しい展示である。(東京オートサロン07)

ベース車のブーンX4はインタークーラーターボ付き水冷直列4気筒DOHCエンジンを搭載。常用タイプは1.0リットルと1.3リットルのラインアップだが、こちらはターボ付きエンジンのレギュレーションにパスするため、排気量を936ccへとボアダウンさせた。トランスミッションはクロスギアレシオの5速MTだ。

ベース車は5名分のシートを載せた乗用車として市販されている。展示車はベース車を元にレーシング専用にチューンされ、実際にレースに参加したマシンだが、なんとこのクルマも公道で走行可能な範囲の改造に留まっているという。スモールカーの可能性をあらためて認識させてくれる展示だった。
《杉山淳一》

編集部おすすめのニュース

特集