【インプレ'06】MJブロンディ 三菱『eKワゴン』 不作為が美徳

試乗記 国産車

【インプレ'06】MJブロンディ 三菱『eKワゴン』 不作為が美徳
  • 【インプレ'06】MJブロンディ 三菱『eKワゴン』 不作為が美徳
日本の伝統芸術の美は「不作為の美」だといいますが、2代目『eKワゴン』も不作為のモデルチェンジと申せましょうか。一見、ほとんど何も変わってないけど、スライドドアが付けられるようになって、あとインテリアの質感が劇的に向上した。

つまりそういうことですが、もともと不作為の美の極致ともいえる「ただのハコ」だったので、あれこれつまらんいじり方をするくらいなら、このほうが男らしくて好きです。

スライドドアは、開口部がやや狭く、腰の曲がったご老人が乗り降りする場合は、かえって通常ドアのほうがいいんじゃないかと思いますが、子供がメインの場合は、ドアパンチの心配もないし、自動だし、とても便利でしょう。

エンジンも、ほとんどなんも変わってないんだけど、古い鉄ブロックを使ったSOHCってのがかえって幸いして、低速トルクが結構あるので、NAでもまぁまぁ走るのがうれしいです。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


MJブロンディ|大乗フェラーリ教祖
1962年東京生まれ。慶大卒。編集者を経てフリーライター。愛と幻想と市場経済を核とした自動車読み物のほか、高速道路問題に超絶真摯に取り組む。『聖典版 そのフェラーリください!』等著書多数。
《清水草一》

編集部おすすめのニュース

特集