【F1ドイツGP】シューマッハが3連勝

ホッケンハイムリンクで30日に行われたF1第12戦ドイツGP決勝でフェラーリのミハエル・シューマッハが3連勝を飾った。フェラーリ勢は別格の速さで後続を引き離し、1-2フィニッシュを決めた。

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
【F1ドイツGP】シューマッハが3連勝
  • 【F1ドイツGP】シューマッハが3連勝
  • 【F1ドイツGP】シューマッハが3連勝
  • 【F1ドイツGP】シューマッハが3連勝
ホッケンハイムリンクで30日に行われたF1第12戦ドイツGP決勝でフェラーリのミハエル・シューマッハが3連勝を飾った。

前日の予選を圧倒的な速さで制したのはマクラーレンのキミ・ライコネン。しかしかなり軽めの燃料で予選アタックをしていたようで、決勝では開始わずか10ラップでピットイン。2番グリッドのミハエル・シューマッハがトップに立ち、フェリペ・マッサが追随。フェラーリ勢は別格の速さで後続を引き離し、1-2フィニッシュを決めた。

予選で7番グリッドに沈んだルノーのフェルナンド・アロンソはタイヤの不調に苦しみ、5位に入るのがやっと。M. シューマッハはアロンソとのポイント差を11に縮め、自力優勝への望みを残した。

ライコネンは結局3位、300戦目を迎えたホンダのジェンソン・バトンは復調を伺わせる走りで4位に入った。トヨタ勢ではエンジン交換により20番手からスタートしたヤルノ・トゥルーリは7位入賞。ラルフ・シューマッハはピットレーンでの速度違反ドライブスルーペナルティが影響し惜しくも9位でレースを終えた。

ニューマシン「SA06」でのデビュー戦となったスーパーアグリは佐藤琢磨が序盤13位を走行するなど、いい場面も見られたがレース半ばでトラブルによりガレージイン。本人にとってもデビュー戦となった山本左近も残念ながらわずか数周でレースを終えた。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集