三菱自動車、車車間通信する グランディス を開発

自動車 テクノロジー ITS
三菱自動車、車車間通信する グランディス を開発
  • 三菱自動車、車車間通信する グランディス を開発
三菱自動車は、国土交通省主導の第3期ASVプロジェクト(ASV-3)で開発を進めてきた「情報交換型運転支援システム」に関連して、ミニバンの『グランディス』をベースにした実験車『グランディスASV-3』(情報交換型実験車)を開発したと発表した。

同社はこの実験車で、独立行政法人北海道開発土木研究所苫小牧寒地試験道路で行われている国土交通省のASV-3の検証実験に参加しており、10月12、13日に同所で行われる公開実験にも参加する予定だ。

三菱自動車のASV-3は、これまで研究してきた自律検知による運転支援システムでは比較的対応が難しい、出会い頭事故や見通しの悪いカーブでの追突事故などへの対策として、車車間通信を利用し、周辺を走行している他の車両と互いに情報交換することで安全性の向上を狙う「情報交換型運転支援システム」を開発した。

現在行われている検証実験では、見通しの悪い交差点での接近車両についての情報提供、見通しの悪いカーブの先にいる停止車両についての情報提供について、ドライバーへの情報提供方法などの有効性を検証する。

三菱自動車は、自律検知型の運転支援システムと、車車間通信を利用した情報交換型運転支援システムとの協調で、交通事故の低減を目指すための研究開発を今後も進めていくとしている。
《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース