【東京モーターショー04】ホンダP.Vは次期ザッツ?

自動車 ニューモデル モーターショー
【東京モーターショー04】ホンダP.Vは次期ザッツ?
  • 【東京モーターショー04】ホンダP.Vは次期ザッツ?
  • 【東京モーターショー04】ホンダP.Vは次期ザッツ?
  • 【東京モーターショー04】ホンダP.Vは次期ザッツ?
  • 【東京モーターショー04】ホンダP.Vは次期ザッツ?
  • 【東京モーターショー04】ホンダP.Vは次期ザッツ?
  • 【東京モーターショー04】ホンダP.Vは次期ザッツ?
ホンダからコンセプトカーとして出品された、一見2BOXカーのように見える『P.V』は、ピックアップトラックとバンの利点を生かした軽自動車サイズの商用車だ。もちろん「P.V」のネーミングもピックアップとバンの頭文字から来ている。

P.Vのリアサイドガラスとリアウインドウは共に下降できるようになっており、このガラスを上げればプライバシーの保てるバン、ガラスを下げれば積み下ろしが楽なピックアップトラックというわけ。また、ラゲッジスペースのルーフもサンルーフ状になっており、ここを開ければ植木などの背の高いものを運ぶことができる。

運転席にはナビとオーディオを兼ねたモニターがある。このモニターは脱着式になっており、車外でも使えるPDAになっている。狭いながらも後席もあるので、乗車定員は4名となっている。

P.Vをデザインした本田技研研究所 デザインAスタジオの中井英理氏は「このP.Vはお洒落なフラワーショップやパン屋さんなどが、お仕事を楽しくスマートにできるようにとデザインを進めました。商用車ではありますが、オフの時にでもサーフィンなどのレジャーに使っていただけるように、乗用車としての要素も加えています」とコメント。

なかなかスタイリッシュな仕上がりになっているので、次期『ザッツ』のコンセプトになりうるのでは、との問いに中井氏は「その予定はございません」と答える。今のところはコンセプトカーのようだ。ユニークなデザインだけに、エクステリアだけでも、コンセプトとを量産に生かして欲しい1台だ。

東京モーターショーは一般公開3日から7日まで、千葉・幕張メッセにおいて。
《岡島裕二》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース