【東京モーターショー04】シートが高いSUVでも…スバル介護車両

自動車 ニューモデル モーターショー

【東京モーターショー04】シートが高いSUVでも…スバル介護車両
  • 【東京モーターショー04】シートが高いSUVでも…スバル介護車両
スバル『フォレスター』の「トランスケア」(介護車両)はウイングシートリフトタイプ。高めの地上高に対応するために電動昇降&電動回転を採用。このような装備があれば、多少シートポジションが高くても問題なく乗り込むことができる。

ウイングシートに折りたたみ式のシートステップとアームレストを装備し、安全でスムーズな乗降を可能としている。さらにラゲッジルームに車椅子積載用の横積み式固定ベルトや、バンパーカバーを装備している。

東京モーターショー(プレスデイ:11月2日、一般公開:3−7日、千葉・幕張メッセ)においてスバルは、助手席の回転シートや車椅子のままクルマに乗り込むことができる介護車両を多数出品する。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集