【東京モーターショー04】ダイハツ タント「フロアリフト」

自動車 ニューモデル モーターショー

【東京モーターショー04】ダイハツ タント「フロアリフト」
  • 【東京モーターショー04】ダイハツ タント「フロアリフト」
  • 【東京モーターショー04】ダイハツ タント「フロアリフト」
  • 【東京モーターショー04】ダイハツ タント「フロアリフト」
ダイハツ『タント・フロアリフト』はリアシートのスペースに、リアゲートから車いすに乗ったまま乗り込むことができる福祉車両。東京モーターショー(プレスデイ:11月2日、一般公開:3−7日、千葉・幕張メッセ)に出品される。

通常のこのようなタイプのクルマは、スロープを使って車内に乗り込むが、タント・フロアリフトの場合は、後席フロアが地面ギリギリの水平位置まで下降してくるので、傾斜を登ることなく簡単に乗り込むことができる。

乗り込んだ後は電動のリフトによって、ドライバーとほぼ同じ目線の高さまで上昇して、固定される。後席のスペースは車いす1名分だけにしているために室内は広く、タントは室内高にも余裕があるので、車いすで乗り込んでも狭さは感じないだろう。

車いすが収まるスペースにも、専用のエアコン吹き出し口やカップホルダーが用意されており、快適性は高そうだ。

現在はスロープで乗り込むタイプをタントベースで市販しているが、フロアの自動昇降タイプは市販されていない。今回の東京モーターショーに出品されるタント・フロアリフトも参考出品車となる。福祉車両の需要が高まる中、このような上級モデルの開発も着実に進んでいるのだ。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集