【インプレ'04】熊倉重春 ダイハツ『ムーヴ ラテ』 癒し系ペットのようなキャラクター

試乗記 国産車

【インプレ'04】熊倉重春 ダイハツ『ムーヴ ラテ』 癒し系ペットのようなキャラクター
  • 【インプレ'04】熊倉重春 ダイハツ『ムーヴ ラテ』 癒し系ペットのようなキャラクター
第一印象は「かわゆい!」。主なターゲットである女性陣には歓迎されそうだ。でもこの顔、どこかトヨタ『シエンタ』に似すぎてませんか。

見えない部分の細部はいろいろ変えてあるが、乗った感じは同じ『ムーヴ』や『タント』と変わらない。つまり誰でも気楽に便利に快適に使える、日常生活のお友達。

とくにダッシュボードやステアリングが着座位置に対して低めなのは、女性ドライバーを考えた親切設計だ。でもそれなら、シートベルトのショルダーアンカーももっと低くしてほしかった。ドライバーまわりの小物入れも、こんな小さな車体なのによく考えられている。リアシートの折りたたみもワンタッチで軽い。

走りも、普段の生活のためならじゅうぶん以上だ。わざとガンガン踏むと、ATのシフトショックも感じるが、お嬢さん的ドライビングなら気にならない程度。もしこんなクルマが家にあったら、ちょっとした外出にお父さんもこっちのキーに手が伸びたりするに違いない。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★★☆


熊倉重春| モータージャーナリスト
東京・焼け野原の戦後第一期生。25年間クルマ雑誌に勤めて何でもやったので、フリーのジャーナリストになった今でも何でもやる。いや、クルマのことなら何でも首を突っ込みたがる。今最大の関心事はエネルギー問題。
《熊倉重春》

特集