トヨタ、日野、昭和石油が新燃料「GTL」を共同研究

エコカー 燃費

トヨタ自動車と日野自動車、昭和シェル石油は、合成液体燃料GTLとディーゼルエンジンの組み合わせの最適化に関する研究を開始したと発表した。

GTLは、天然ガスから生成されるクリーンで無色透明な液体燃料。軽油などの代替燃料と位置付けることが可能で、大幅なインフラ改造を伴わずに市場導入できる。卓越した燃焼特性と硫黄分・アロマ分を含まないユニークな特性によって大きな排出ガス浄化効果も図れる。

資源の豊富な石炭やバイオマスからも製造可能と原料のフレキシビリティがあり、エネルギーセキュリティの観点からも有望な燃料と見られている。ただ、現在は供給量に限界があるため、当面は軽油との混合利用が見込まれる。

3社が共同で研究し、実用化に備える方針だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集