日産の燃料電池車…実用化第1号車スタート

エコカー 燃費
日産の燃料電池車…実用化第1号車スタート
  • 日産の燃料電池車…実用化第1号車スタート
  • 日産の燃料電池車…実用化第1号車スタート
  • 日産の燃料電池車…実用化第1号車スタート
日産自動車とコスモ石油は、日産の燃料電池自動車『エクストレイルFCV』をコスモ石油に納入する式典を29日、JHFC横浜・大黒水素ステーションで実施した。

日産は、2002年秋に国土交通大臣認定を取得し、国内公道で走行試験を開始するなど、燃料電池自動車の開発に注力し、今回のコスモ石油への納入は日産としてリース販売第1号車となる。

コスモ石油は、エクストレイルFCVを導入することで、水素供給インフラのあり方について、より顧客の立場に立った水素供給技術・供給設備を開発する。

エクストレイルFCVは、最高速度145km/hで、航続は350km以上。燃料電池スタックはUTC フュエール・セルズと日産が共同開発した。

リース価格は月間100万円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集