スズキ、シボレー車の輸入販売を開始

自動車 ニューモデル 新型車

スズキ、シボレー車の輸入販売を開始
  • スズキ、シボレー車の輸入販売を開始
  • スズキ、シボレー車の輸入販売を開始
スズキは9日、米ゼネラルモーターズ(GM)社製のシボレー『トレイルブレイザー』、『トレイルブレイザーEXT』『アストロ』の輸入販売を開始する、と発表した。

シボレートレイルブレイザーと同EXTは、9日から発売、シボレーアストロは、3月上旬の発売を予定している。スズキは、これまでもアリーナ店でトレイルブレイザーの販売を行っている。今回、日本GMから、シボレー車の輸入権を取得したのを機に、シボレー車のラインアップを拡大することにした。

新たに発売するトレイルブレイザーEXTは、全長5.3メートルの7人乗り・ロングボディモデル。直列6気筒4.2lエンジンを搭載した「LT」と、V型8気筒5.3リットルエンジン搭載の上級モデル「LTZ」を設定した。アストロは、8人乗りの「LS」と、2列目シートにキャプテンシートを採用した、7人乗り上級タイプの「LT」を設定した。

全国希望小売価格は、トレイルブレイザーが359万円、同EXTのLTZが458万円、アストロのLSが314万円(2WD車)。トレイルブレイザーシリーズは年間2000台、アストロは同800台の販売を計画している。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集