【東京ショー2003出品車】燃料電池バイク---ヤマハ発動機

自動車 ニューモデル モーターショー
ヤマハ発動機は2日、東京で各事業分野の「技術説明会」を開き、2輪車用の燃料電池システムを公開した。実際に2輪車に搭載した試作車も製作済みとしており、今秋の東京モーターショーにも参考出品される見通しだ。2輪車も燃料電池システムの開発競争が加速することになりそうだ。

ヤマハのシステムは、扱いやすいメタノールを燃料とする方式。試作車はガソリンエンジンだと125ccに相当する小型車クラス。発電した電力をいったん蓄電池に貯めてモーターを回す方式で、ハイブリッド車でいえば「シリーズ方式」に相当する。同社では回生エネルギーを蓄電する方式も研究しているという。

燃料電池スタックは、外部のメーカーに生産を委託している。また、市販化時期については「自動車と同様、コストが極めて高いので、具体的に提示できる段階にない」(中島邦彦常務)としている。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

  • ヤマハ発動機所有の「ジュビロ磐田スタジアム」の名称を変更 画像 ヤマハ発動機所有の「ジュビロ磐田スタジアム」の名称を変更
  • ヤマハ発動機、02年度のCO2削減目標は未達に 画像 ヤマハ発動機、02年度のCO2削減目標は未達に
  • 30周年---ホンダのフィリピン2輪事業 画像 30周年---ホンダのフィリピン2輪事業

特集