【リコール】追突でシートが凶器に…スズキ『Kei』など

エコカー 燃費

スズキは24日、『Kei』とマツダ『ラピュタ』の前席シートに不具合があるとして国土交通省にリコールを届け出た。今年3−4月に生産された219台が対象。

運転席及び助手席シートに組み込まれているヘッドレストブラケットとシートバックフレーム部の溶接強度が不足しており、追突などの衝撃を受けた場合、溶接部が破損して乗員に傷害を与えるおそれ。全車両、シートバックを良品と交換する。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集