「日本自動車会館」が実現へ---自工会など業界団体が集結

日本自動車会議所(会長・豊田章一郎トヨタ自動車名誉会長)が開設を準備してきた「日本自動車会館」が実現の運びとなった。15日までに入居先を東京都港区に決定したもの。自動車会議所や日本自動車工業会など自動車関連団体が横断的に集結。

自動車 ビジネス 企業動向
日本自動車会議所(会長・豊田章一郎トヨタ自動車名誉会長)が開設を準備してきた「日本自動車会館」が実現の運びとなった。15日までに入居先を東京都港区芝大門1丁目の「芝NBFタワー」に決定したもので、04年早々にもオープンする。自動車会議所や日本自動車工業会(自工会)など自動車関連団体が横断的に集結、連携の強化と情報発信の拡充を図る。

自動車会館は、自動車会議所の豊田会長が1993年に就任した際に開設を提唱していたもので、10年を経て実現することになった。自動車会議所や自工会、日本自動車販売協会連合会(自販連)、日本自動車連盟(JAF)など17〜18団体が入居する見通し。各団体は、来月から6月にかけて開く定時総会で入居を決議、来年初めから順次入居する。

会館には各団体が共用できる会議室が設置されるほか、現在は千代田区大手町にある自工会の自動車図書館、自動車産業記者会なども移転する。自動車ユーザーとの接点としての機能も期待されている。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集