キーパーソン インタビューに関するニュースまとめ一覧(2 ページ目)

【トップインタビュー】新規参入のネクセンタイヤ、日本市場での次なる戦い方に迫る!ネクセンタイヤ トラビス・カン副会長 画像
自動車 ビジネス

【トップインタビュー】新規参入のネクセンタイヤ、日本市場での次なる戦い方に迫る!ネクセンタイヤ トラビス・カン副会長

2017年、日本人にとってまだ知らぬ「革新的なタイヤメーカー」として日本上陸を果たした韓国のネクセンタイヤは、自動車業界で大きな話題となった。

【スズキ ソリオ 新型】実寸以上に大きく見せながら、上質さも加えて…エクステリアデザイナー[インタビュー] 画像
自動車 ニューモデル

【スズキ ソリオ 新型】実寸以上に大きく見せながら、上質さも加えて…エクステリアデザイナー[インタビュー]

スズキは小型ハイトワゴンの『ソリオ』をフルモデルチェンジした。そのエクステリアは上質でダイナミックさを追求したものだという。そこで、エクステリアデザイナーに具体的な話を聞いてみた。

【マツダ ブラックトーンエディション】走って楽しいという思いをカラーで表現…商品主査[インタビュー] 画像
自動車 ニューモデル

【マツダ ブラックトーンエディション】走って楽しいという思いをカラーで表現…商品主査[インタビュー]

マツダは特別仕様車の“ブラックトーンエディション”を『マツダ2』、『マツダ6』、『CX-5』、『CX-8』に設定した。これまでの特別仕様車はラグジュアリー方向が多かったのに対し、スポーティなイメージを求めたものだという。

【マツダ CX-5 & CX-8 改良新型】CX-8のポジションをより明確に…商品主査[インタビュー] 画像
自動車 ニューモデル

【マツダ CX-5 & CX-8 改良新型】CX-8のポジションをより明確に…商品主査[インタビュー]

マツダは『CX-5』と『CX-8』の商品改良が行われた。ほぼ毎年何らかの手が加えられるが、今回のこだわりはどういったところだったのか。国内営業担当と、商品主管に話を聞いた。

【日産 GT-R50 by イタルデザイン】究極のGT-Rには過去のデザインモチーフも…プロジェクトブランディングマネージャー[インタビュー] 画像
自動車 ニューモデル

【日産 GT-R50 by イタルデザイン】究極のGT-Rには過去のデザインモチーフも…プロジェクトブランディングマネージャー[インタビュー]

日産クロッシングに3月31日まで展示している日産『GT-R50 by イタルデザイン(テストカー)』。GT-R生誕50周年と同時にイタリアのカロッツェリア、イタルデザイン創設50周年であることで、日産と協業で作られたモデルである。そこで、担当者に詳細を聞いてみた。

【日産 ノート 新型】走りとハーモナイズしたインテリア…デザイナー [インタビュー] 画像
自動車 ニューモデル

【日産 ノート 新型】走りとハーモナイズしたインテリア…デザイナー [インタビュー]

日産『ノート』はエクステリア同様、インテリアにおいても日産のデザインランゲージ、タイムレス・ジャパニーズ・フューチャリズムが取り入れられているという。そこでチーフデザイナーに具体的ポイントなどについて話を聞いた。

【日産 ノート 新型】日本のコンパクトカーに一石を投じたい…デザイナー[インタビュー] 画像
自動車 ニューモデル

【日産 ノート 新型】日本のコンパクトカーに一石を投じたい…デザイナー[インタビュー]

日産から新型『ノート e-POWER』(以下ノート)が発売された。そのデザインは日本のコンパクトカーセグメントに一石を投じたいという思いで開発されたという。そこでデザインのダイレクターになぜそう思ったのかなどについて話を聞いた。

【トップインタビュー】ランボルギーニ ヴィンケルマンCEO、電動化は「性能のために必要なら」 画像
自動車 ビジネス

【トップインタビュー】ランボルギーニ ヴィンケルマンCEO、電動化は「性能のために必要なら」

2005年から11年間にわたり近代ランボルギーニを牽引し、ブランド拡大の礎を築いたステファン・ヴィンケルマン氏が、2020年12月1日付けでランボルギーニの社長兼CEOに復帰した。

ダイハツ ハイゼットジャンボ キャンパーVer.「ここから始まる景色」…東京オートサロン2021[インタビュー] 画像
自動車 ニューモデル

ダイハツ ハイゼットジャンボ キャンパーVer.「ここから始まる景色」…東京オートサロン2021[インタビュー]

ダイハツは東京オートサロン2021バーチャルオートサロンに『ハイゼットジャンボ』をベースにした『ハイゼットジャンボキャンパーVer.』を出展する。ハイゼットは今年60周年ということもあり、2代目や3代目のモチーフも取り入れられているという。

ダイハツ コペン スパイダーVer.は「玄人にも、直感で感じる人にも」…東京オートサロン2021[インタビュー] 画像
自動車 ニューモデル

ダイハツ コペン スパイダーVer.は「玄人にも、直感で感じる人にも」…東京オートサロン2021[インタビュー]

ダイハツは東京オートサロン2021バーチャルオートサロンに『コペン』をベースにしたライトウエイトスポーツカー、『コペン・スパイダーVer.』を出展する。よりピュアに風を感じるスポーツカーを目指して開発されたという。

ホンダが実現する「レベル3」自動運転、その開発はいかにして進められたか…オートモーティブワールド2021 画像
自動車 ビジネス

ホンダが実現する「レベル3」自動運転、その開発はいかにして進められたか…オートモーティブワールド2021PR

ホンダは自動運転レベル3の機能を搭載した『レジェンド』を2020年度中に発売する。『Traffic Jam Pilot(トラフィック・ジャム・パイロット)』と名付けられた自動運行装置は国土交通省の型式指定をすでに取得済みで、国のお墨付きを得たレベル3搭載車は世界初となる。

「屋根を切ったのには意味がある」ダイハツ ハイゼットジャンボ スポルツァVer.…東京オートサロン2021[インタビュー] 画像
自動車 ニューモデル

「屋根を切ったのには意味がある」ダイハツ ハイゼットジャンボ スポルツァVer.…東京オートサロン2021[インタビュー]

東京オートサロン2021バーチャルオートサロンにダイハツは『ハイゼットジャンボ』をベースにした、『ハイゼットジャンボスポルツァVer.』を出展する。単に屋根を切った改造車ではなく、ハイゼットが使われているシーンをもとに新たな提案に仕上げているという。

ダイハツ タフト クロスフィールドVer.「このクルマでないと出会えない景色を」…東京オートサロン2021[インタビュー] 画像
自動車 ニューモデル

ダイハツ タフト クロスフィールドVer.「このクルマでないと出会えない景色を」…東京オートサロン2021[インタビュー]

ダイハツは東京オートサロン2021バーチャルオートサロンにコンセプトモデル、『タフト・クロスフィールドVer.』を出展する。そのコンセプトなどについて関係者に話を聞いた。

マツダ100周年、こだわりまくって監修したモデルカーたち…デザイナー[インタビュー] 画像
自動車 ビジネス

マツダ100周年、こだわりまくって監修したモデルカーたち…デザイナー[インタビュー]

マツダは2020年、100周年を迎えた。それを記念しデザイナーが監修したモデルカーが続々と販売されている。そこで実際に担当したデザイナー諸氏にこだわりや苦労などについて話を聞いた。

【マツダ100周年特別記念車】マツダは文化を発展させるクルマを作り続ける…デザイナー[インタビュー] 画像
自動車 ビジネス

【マツダ100周年特別記念車】マツダは文化を発展させるクルマを作り続ける…デザイナー[インタビュー]

2020年、マツダは創業100周年を迎えた。そこで全ラインナップを対象に100周年特別記念車を設定。そのデザインに関わったのは入社2年目のカラーデザイナーだったという。そこで、記念車のこだわりやその開発にかけた意気込みなどについて話を聞いた。

    前 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 …20 ・・・> 次 >> 末尾
Page 2 of 74