最強断熱、最強空調、最強品質を謳う軽キャンピングカーを発見…ジャパンキャンピングカーショー2023

今回初出展となったコンフィ。
  • 今回初出展となったコンフィ。
  • 充実機能が標準装備なのでオプション装備の選択に悩む必要はない。
  • 長さ1800mmのベッド。マットは撥水加工済み。
  • 右後部にクーラーをインストール。
  • 左後部には収納スペースが大きく取られている。
  • ルーフキャリアはハードカーゴのもの。
  • スキッドグリルもハードカーゴ製で質実剛健なイメージ。
  • 基本装備が充実。

2月6日まで、幕張メッセで開催中の「ジャパンキャンピングカーショー2023」。ルートシックスのブースでは、『最強断熱、最強空調、最強品質』のキャッチコピーが踊る軽キャンピングカー『コンフィ』を発見した。

ダイハツ『アトレー』がベースとなったコンフィは、キャッチコピーのとおり、天井、サイド、床と断熱材や断熱塗装が至るところに施されている。また空調に関しては12Vクーラーやベバスト製FFヒーターも標準装備。ルーフにソーラーパネルが設置され、200Ahのリチウムイオンバッテリーと1500Wインバーターの搭載で電源にも不安はなし。搭載家具については職人が1台1台手作りで仕上げているとのこと。展示車のホイールはオプションのもの。スキッドグリルやルーフトップのカーゴキャリアはエフクラスのハードカーゴを使用。こちらもオプション設定。展示車の価格は379万5000円(税込み)。

充実機能が標準装備なのでオプション装備の選択に悩む必要はない。充実機能が標準装備なのでオプション装備の選択に悩む必要はない。ルーフキャリアはハードカーゴのもの。ルーフキャリアはハードカーゴのもの。
スキッドグリルもハードカーゴ製で質実剛健なイメージ。スキッドグリルもハードカーゴ製で質実剛健なイメージ。

担当者に話を聞いたところ、断熱材については施工した場合としていない場合では、かなり体感が違うとのこと。天井はトリプル断熱、運転席や助手席のドア、スライドドア、リアサイドパネル、リアハッチまで断熱処理を施し、床はすべて剥がしてから断熱塗装を行っているとのこと。これだけ断熱にこだわるのは、軽キャンパーを多数手がけてきた同社だけに、軽自動車のボディが薄いことに着目し、快適に過ごすための最適解を導き出した結果だという。そしてオプションを色々と選択する必要も無く、これ一台あれば、すぐに遊びに行けるところもポイントとのことだった。

《関口敬文》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集