ポルシェ最初のスポーツカー、「356」をオマージュ…500馬力の『357』発表

ポルシェ・ビジョン 357
  • ポルシェ・ビジョン 357
  • ポルシェ 356 No.1 ロードスターと ビジョン 357
  • ポルシェ・ビジョン 357 と 356 No.1 ロードスター
  • ポルシェ・ビジョン 357
  • ポルシェ・ビジョン 357

ポルシェ(Porsche)は1月26日、ポルシェのスポーツカー誕生75周年に合わせて、コンセプトカー『ビジョン357』(Porsche Vision 357)を初公開した。

1948年6月8日、ポルシェの名を付した最初のスポーツカーがナンバー登録を受けた。それが、オーストリア・カリンティア地方のグミュントで製造されたポルシェ『356 No.1 ロードスター』だった。この「グミュント・ロードスター」には、フォルクスワーゲン製の空冷1.1リットル水平対向4気筒ガソリンエンジンが搭載され、最大出力は35psを発生。車両重量は585kgに抑えられ、最高速135km/hの性能を可能にしていた。その後、「356」シリーズは1965年までに、およそ7万8000台が生産されている。

ポルシェはスポーツカー誕生75周年に合わせて、コンセプトカーのビジョン357を発表した。ポルシェの最初のスポーツカー、356へのオマージュだ。パワートレインやプラットフォームは、『718ケイマンGT4 RS』がベース。ミッドシップに搭載される4.0リットル水平対向6気筒ガソリンエンジンは、最大出力500psを発生する。

《森脇稔》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集