欧州ミニバンの元祖、ルノー『エスパス』新型…今春発表へ

ルノー・エスパス 。右から初代、2世代目、3世代目、4世代目
  • ルノー・エスパス 。右から初代、2世代目、3世代目、4世代目
  • ルノー・エスパス 現行型(5世代目)
  • ルノー・エスパス 新型(6世代目)のロゴ

ルノーは1月24日、ミニバン『エスパス』(Renault Espace)の新型を今春、ワールドプレミアすると発表した。

エスパスは、ルノーの最上位ミニバンだ。初代は1984年に欧州で発売された。ヨーロッパで最初のMPVとされる。現行型は5世代目モデルで2014年秋、パリモーターショー2014で発表された。

今春、ワールドプレミアされる予定の新型エスパスは、6世代目モデルだ。ルノー日産三菱アライアンスの 「CMF-CD」プラットフォームをベースとし、2列シートの5名乗りと3列シートの7名乗りが設定される。

なお、ルノーは新型エスパスを、ミニバンやMPVではなく、SUV、と表現している。

《森脇稔》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集